海外旅行保険

保険総合情報ガイド.com

保険総合情報ガイド.com トップ > 海外旅行保険

海外旅行保険

海外旅行保険とはそもそも何なのかをご説明させて頂きます。

別名、海外旅行傷害保険といい、日本国外への旅行に際して、旅行中のケガ・病気、携行品の盗難・破損、損害賠償が発生した場合にその費用を補償してくれます。

治療・救援費用が補償される保険商品の場合、たとえば、旅行先で交通事故に遭い入院した際などに、親族が日本からかけつけて来る際の交通費や、日本の病院へ移送が必要になった際の費用まで補償してくれます。
ですから、旅行期間中に発生したさまざまなトラブルの費用を補償してくれる保険なので、海外旅行に行かれる際には、加入しておくことをおすすめいたします。

旅行期間はいつからいつまで?

海外旅行保険における旅行期間とは、旅行を目的として自宅を出発してから、自宅に帰ってくるまでの間となります。つまり、自宅から最寄り駅へ向かう途中で事故に遭っても、補償をしてくれる保険となります。
海外旅行保険は、その名前の通り、旅行を目的とした保険です。
商品によっても異なりますが、補償される期間が30日~90日程度のものが多くなっており、長期滞在や留学目的には向きません。
長期滞在する場合は、海外旅行保険ではなく、海外留学保険のような長期滞在用の保険に加入しておくほうが良いと思われます。
海外旅行保険では、ご加入後、様々な補償を提供されています。(ご契約の際は、各保険会社・代理店のパンフレットやホームページなどで詳細をご確認ください。)

けが

旅先での風邪や盲腸などの病気になってしまったときの治療費用・死亡について補償されています。

病気

店の商品を壊してしまった、ホテルでお風呂の水を出しっぱなしにして客室を水浸ししてしまったときなど、賠償責任や賠償請求を受けた場合について補償されています。

賠償責任

交通事故や階段からの落下など旅先での事故によるケガの治療費用・死亡や後遺障害について補償されています。

救援者費用

ケガや病気で入院したときに親族が海外まで駆けつけるときにかかる費用が補償されています。

携行品

カメラや旅行かばんが盗まれたときや、デジタルビデオなど身の回りのものを破損してしまった場合に補償されています。
パスポートなど携行品を紛失したときや置忘れをした際には補償されません。
1点につき10万円までなどの支払いの限度が設けられています。
盗難・強盗・飛行機の手荷物の不着などは30万円までの支払い限度(保険金額が30万円以上)が設けられています。
※支払い限度額は保険会社によって異なりますので、詳細は各保険会社のパンフレットやホームページなどでご確認ください。

航空機寄託手荷物遅延

航空機の出発遅延などにより現地でホテル代や食事代を自己負担したときの費用が補償されています。

自動車運転者賠償責任

レンタカーを借りて事故を起こしたときの対人・対物事故について、賠償金が補償されています。
ただし、アメリカ・カナダでレンタカーを借りた時のみの補償です。
1事故につき対人1億円・対物500万円が支払いの限度となります。

旅行変更費用

日本にいるご家族が病気などになり、急遽旅行を中断して帰国する際の費用や旅行中断後のツアー代金などが補償されています。
※上記の保険内容の中に、ご利用いただけない保険会社もありますので、詳細は保険会社のパンプレットやホームページなどでご確認ください。