地震保険

保険総合情報ガイド.com

保険総合情報ガイド.com トップ > 地震保険

地震保険

地震によって自宅が倒れたり、壊れたり、燃えてしまった場合、火災保険だけでは補償とはなりません。
「地震で揺れた後に、自宅が燃えても、火災保険で補償してくれる」と言う方もいますが、これは間違いです。地震の影響をうけて燃えたと判断された場合、火災保険では補償してもらうことはできません。その場合は、必ず地震保険への加入が必要となります。
※地震保険単独での契約はできません。必ず火災保険とセットで契約するようにしましょう。

地震保険の対象は住宅用の建物と家財

地震保険が対象とするものは、住宅専用に使用される建物(専用住宅)と店舗などと一緒に使用される建物(併用住宅)となります。(それら建物に入っている家財道具や生活用動産も含まれます)
※家財であっても価額が30万円を超える高額な貴金属や宝石、美術品は地震保険では補償されませんので、注意が必要となります。

地震保険の保険金額

地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で、なおかつ建物は5,000万円、家財は1,000万円が設定の限度額となっています。
支払われる地震保険の保険金は時価での支払となりますので、必ず設定上限いっぱいに契約するようにしましょう。
※時価とは、新品価額より使用消耗分を差し引いた金額のことです。

地震保険の支払区分

地震が発生すれば大きな被害が被災者を襲うことになります。そのためスピーディーな保険金の支払を行うために、損害の程度を分かりやすいように3つに分類されています。

損害の程度 支払われる保険金
全損 保険金額の100%(時価が限度)
半損 保険金額の50%(時価の50%が限度)
一部損 保険金額の5%(時価の5%が限度)

※主要構造物(土台・柱・壁・屋根など)が損壊した場合に限られます。