火災保険

保険総合情報ガイド.com

保険総合情報ガイド.com トップ > 火災保険

火災保険

火災保険とは、自宅が燃えて建物や家財が損害を被った場合に、損害の程度に応じて保険金が支払われる保険のことです。
このことはどなたもご存知だと思います。
火災保険の種類によっては、強風やひょう、雪による損害が補償されたり、洪水などによる損害も補償される商品があります。
一定条件以上でないと補償が受けられなかったり、支払われる保険金に限定額が設定されているケースもあったりするので、まずは火災保険の基本的仕組み、注意点からご説明させて頂きます。

保険の目的ごとに契約が必要

住宅用の火災保険の場合、火災保険は、「建物」と「家財」それぞれに契約することが必要となります。家財を対象とする火災保険を契約する場合で、高価な貴金属や宝石、美術品などは、申込みの際に、申込書に「明記」をしないと補償の対象とならないケースがありますので注意するようにしてください。
「うちにはそんな高価な絵や宝石は無いよ」と言われる方が多いようですが、誰にでも大切な思い出の品というものがあると思います。
大切な思い出は失われなくても、失ったものは元に戻すことはできません。契約時によく補償内容を確認して、もしものときに後悔することのないよう良く考えてから正しい契約をするようにしましょう。

「もらい火」損害には自力で対策を

隣家からの「もらい火」により自宅が燃えてしまった場合に、「火事を起こしたお隣さんが悪いのだから、賠償してもらえる」というお話しも良く聞きます。
ですがこれは間違えです。「失火の責任に関する法律」では、火を出した者に重大な過失が認められなければ損害賠償責任は生じないと定められているのです。つまり、大切な財産は自分で守らなくてはいけませんので、火災保険に加入してしっかり対策をするようにしましょう。

金融機関で契約した時の注意事項

銀行などから融資を受けて住宅を購入する際に、あわせて火災保険を契約する場合があるかと思います。
この場合、建物のみ補償の対象とする契約が一般的で、家財について触れられていないことが多々あります。
家財に対する損害を補償するには、家財を対象とする火災保険を別に契約しておかなければなりませんので注意するようにしてください。

地震による火災は補償外です

「地震の時でも、他の家からの延焼で自分の家が燃えた時は、火災保険で補償してくれる」と言われる方が多いのですが、これも間違いです。地震や噴火、津波による火災は、火災保険とのセットで地震保険を契約していないと補償の対象とはなりません。