がん保険

保険総合情報ガイド.com

保険総合情報ガイド.com トップ > がん保険

がん保険

がん保険は保証内容を「がん」に特化させた健康保険のことをいいます。では、何故このようながん保険が近年多くの保険会社から提供されているのかをご説明させて頂きたいと思います。
がんの治療には多くの治療費用がかかります。
更にかかってしまう費用の多くが「医療保険」などでは適応されない、もしくは適応されたとしても十分な保証を受けられないケースがあります。
また、健康保険の適応しない「先進治療」を行なう場合には更に多くの出費がかかってしまいます。
このような多くの費用がかかってしまうがん治療に対して保証を十分に受けたい場合には、がん保証に特化した「がん保険」を利用する事で十分な入院補償や手術保証などを受ける事が可能となります。

がん保険の注意点

このようにがんに対して大きな保証を受けられる「がん保険」なのですが、保険に加入する為には注意しなければならない点があります。
まず注意すべきポイントとしては、既にがんと診断されている場合には多くの「がん保険」で加入する事は出来ないというケースがあります。
また加入後一定期間でがんになった場合には保険対象外としている保険会社もありますので、加入の際には注意が必要となります。

がん経験者でも入れる保険?

また、現在「がん保険」は、各保険会社で様々なサービスが展開されています。
その中のサービスとして「がん経験者にも加入できる保険」という商品もあります。この場合、診断・治療したがんの病期(ステージ)によって術後加入できる期間があります。
例えばがん治療後10年たっている50~80歳を対象として加入することができるがん保険もあります。
この他にもステージ毎に分けステージ0では手術後6ヶ月後に加入できる、ステージ1では手術後1年で加入できるなどの基準を設けている場合がありますので、がん経験者だからといって保険を諦めずに、このような保険を利用する事で保証を受ける事が可能となります。
また保険会社によって保障内容は異なりますが、一般的に「診断給付金」、「入院給付金」、「手術給付金」、「療養給付金」、「死亡給付金」などで構成されている場合が多いようです。ガン保険の最大の特徴は、がんによる入院給付金の支払日数に限度が無いという点です。
保障期間には、終身タイプと10年更新などの定期タイプがありますので、自分のニーズに合わせて、保障内容をきちんと確認してから加入することがポイントとなります。