医療保険

保険総合情報ガイド.com

保険総合情報ガイド.com トップ > 医療保険

医療保険

医療保険とはどのような保険なのでしょう。いまや大人気の商品となっています。

少し前までは、入院を保障する医療保障は死亡保険の特約として存在していましたが、平成に入り、医療保険として単体で売られ始めました。がん保険も医療保険と同じ仲間で、これを第三分野と呼ばれています。

第三分野は外資系が主力として販売している商品で、とてもリーズナブルな商品もたくさん販売されています。医療保険は、病気やけがで入院など万が一のことが合った際に、幅広く保障をしてくれる保険となります。

生命保険会社が今まで扱ってきたほかの保険と大きく異なるのは、生きている間に受け取ることのできる保険ということです。入院したり手術を受けたりしたりしたときに、所定の日数以上入院すると、給付金を受け取ることができます。入院給付金にも色々な種類があり、60日型、120日型、180日型などが一般的だと思います。この違いは同じ病気で入院した場合の支払い限度日数となります。60日型より120日型のほうが、120日型より180日型のほうが保険料は高くなります。

例えば、日額10,000円で一日目から保障の医療保険で、100日間入院したとします。60日型だと、61日目以降は保障されないので、100日入院していても給付金は60万円となりますが、120日型、180日型であれば、100日分の100万円を受け取ることができます。

では180日型が安心だからいいとは単純に言い切ることはできません。現代の医療は長期の入院をしない方向へ進んでいます。日本人の平均的な入院日数は2ヶ月以内が8割以上を占めていますが、これ以上の入院になる主な原因は脳卒中や交通事故が多くなっています。がんでも今は1ヶ月ほどで退院する場合が多いようです。
ただし、がんの場合は、入退院を繰り返しますので、再入院になった場合、前回の入院から一定期間あかないと、保障の対象にならないという免責事項があるので、再入院の給付金を受け取れなかったということもしばしば発生しています。

医療保険と医療特約の違い

「医療保険」と「医療特約」は、ケガや病気に備えるという意味では同じものですが根本的に違う部分があります。
医療保険は、主契約(メイン)が医療保障の単体の保険なので、それのみに加入することができますが、一方の医療特約は、生命保険である定期保険、終身保険、養老保険などの主契約のオプションとなります。つまり、特約のみ契約するということはできません。
これが、医療保険と医療特約の大きな違いの部分となります。

また医療特約で気をつけたいのは保障の期間です。
例えば満期のある養老保険に医療特約をつけた場合に、満期を迎えると保険契約は消滅してしまいます。それと同時に特約でつけた医療保障もなくなってしまいます。もし再度契約をするときに健康状態に問題がなければ、再び加入することができますが、高年齢になっており、再び加入することが難しくなってしまうケースもあります。
最近では、高年齢で健康に自信がない方でも入れる保険が販売されていますが、大抵保険料が高めに設定されている場合が多いので、保険料が安く設定されている若いうちに更新手続きが不要の終身の保障を確保しておいたほうがいいと思います。

また、特約部分だけを解約したり、内容の変更をすることもできますが、それを知らずに保険全体を見直してしまう方もいらっしゃいますので、損をしないためにも契約する際には十分説明を聞いてから加入したほうが良いと思います。
次に医療保険特約の死亡給付金についてご説明をしたいと思います。
死亡給付金とは、文字通り亡くなった場合に支払われる給付金のことを指します。
生命保険のイメージで考えると不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、医療保険は生存保険と呼ばれるタイプのもので生きている間に起こる様々な医療面での保障をサポートするものなので、逆に死亡給付金が支払われる方が特別なケースということになります。
逆に言えば生命保険で死亡時の保障がきちんと支払われるはずなのにどうしてそんな特約をわざわざ付けるのかと思われるかもしれません。
しかしこうした死亡時、あるいは高度に障害が残った場合の保障をより手厚くしてくれるサービスをより充実させた保険商品は(主契約で死亡時の保障を行ってくれる保険よりも保険料は高まります)徐々に増えてきています。