生命保険

保険総合情報ガイド.com

保険総合情報ガイド.com トップ > 生命保険

生命保険

生命保険とは一般に死亡保障(死亡による遺族の生活費等の備え)ですが、生命保険はその保障領域を医療保険(病気や怪我による手術・入院費用等)や老後保障(老後の生活に対する備え)にも広げられています。
現在健康であっても将来的にはどうなるか?という問題は当然誰にでも訪れる問題ですが、生命保険にはもう一つの要素があります。
その前に今後の日本の高齢化について書かせていただきたいと思います。
現在すでに訪れている高齢化によって起こる、高齢者(70歳以上)医療費の負担上限撤廃/1割負担や老齢年金給付開始年齢の引き上げ等の発表を皮切りに今後ますます厳しくなっていく事が予想されています。
将来、現在のように、病院に高齢者が並ぶ姿を果たして見る事はできるのでしょうか。
医療の自己負担率が上がれば、当然ですが、毎日のように病院に通院する事は不可能となり、結果、病気の兆候を見逃す事になるかもしれません。
そこで、生命保険の一要素である貯蓄要素というものが大変重要となってきます。
勿論、掛け捨ての保険も存在している事は周知の事実ですが、それは現在の不安を取り除く事に過ぎず、将来的な不安を取り除けるものではありません。(不安を抱えている事を前提に述べていきたいと思います。)
しかし、一方で、「私が死んだらせめて子供にまとまったお金を残したい」というだけの生命保険も存在しますので、一概に良し悪しを計ることは出来ませんが、貯蓄要素(貯蓄性)は生命保険を説明する上で避けられませんので、以下の通り、比較しながら説明をさせていただきます。

生命保険の貯蓄要素

貯蓄性のある(保険養老保険・変額保険等)に契約すると、満期(保険期間終了時)に満期保険金が支払われます。
(※被保険者が生存している場合のみです。)

定期保険

10、15年と、被保険期間を予め設定して、その期間内に死亡した場合に保険金が支払われる保険のことです。掛け金が安い割りには保障額が高いという特徴があるのですが、満期まで生存していても保険金は掛け捨てとなってしまいます。

終身保険

一生涯に渡って死亡保障を確保できる保険のことです。最終的に必ず保険金が支払われる為、自分で受け取れないとはいえ、安心感は高い保険ですが、他の保険と比較して、掛け金が高額になってしまいます。また、保険料は保険会社が積み立てていますので、解約時には一部を払い戻してもらう事も可能となります。

三大疾病保証保険

がん・脳卒中・急性心筋梗塞などの所定の状態になるとその時点で保険金が支払われることになります。ですので、医療費に保険金を充てることが可能になり、他の原因で死亡した場合にも死亡保険金が支払われます。 保険金にはこれら以外にも様々なタイプの保険がありますので、詳しくは各保険会社のパンフレットなどを参考にしてください。